下学上達

 今日は現場仕事に追われ追われで、気がつけば19時をまわって
いるという状態でした。
その後、お客さんから電話があり帰路に着きました。
夕食を終え、お風呂にも入り、明日以降の段取を考え終えた後、
ほっこりとしているところです。
このまったりした時間を使って、ブログのカテゴリーについて色々
考えてみようと思い立ち、PCの前に座っております。

思考経路を書き出すと長くなるので、簡潔にまとめると

「下学上達」というカテゴリーを設定することにしました。
今までのブログと異なり、WordPressではカテゴリに親子関係を設定
することが出来ます。
そこで、「下学上達」を親カテゴリにし、子カテゴリに以下の3つ。

・「実事求是」
・「温故知新」
・「有職故実」

という3つのカテゴリーを作りました。
四字熟語で固めてしまってますね。
単に、四字熟語が好きなんですね。はい。(汗)

「アルミ加工」や「4S+1」も四字熟語を使って、
親カテゴリを設定するとすれば「創意工夫」になるかと思います。
あ~。なんか良いですね。
本当にこれも親カテゴリ作ってしまおうかな?

・・・

ということで、作ってしまいました。

まだまだ投稿件数が少ないので、サイドバー上に現れてはいませんが
近いうちに、色々と浮き上がってくると思います。

 さて、四字熟語の意味ですが・・・

・下学上達 ~ 身近で簡単なことから学び始め、やがて高遠で高尚な
        優れた見識・知識にまで到達すること。

・有職故実 ~ 古い職制や先例、文化等々に通じ、公私の行動の合理
        性・説得力を求めていく学問。

・温故知新 ~ 古いことに学び、新しいことを発見していくことで、
        優れた人物になっていく。

・実事求是 ~ 空理空論に走らず、事実を大切にし、真理を究めて
        いく姿勢。

となります。
さて、選んだ理由なのですが・・・

私はまだまだ浅学菲才の身ですので、簡単なことから学問を続けていき
やがては豊かな学識や見識をもった人間になりたいという願いを込めて
おります。
ここから、「下学上達」という言葉を選んでおります。

そして、言葉を選んだり様々な文化を学んでいくことが、バックボーン
として活きてくるだろうと思い、主に言葉の意味や由来、文化の起源を
扱うカテゴリとして、「有職故実」を。

言葉や文化は、人間から生まれます。
特に歴史に名を残す「垂名竹帛」の偉大な歴史上の人物からは、多くの
学びが得られます。
得られた学びは現代社会とはまた一味違う背景に裏打ちされていること
も踏まえると、現代風に「換骨奪胎」して習得していく必要が出てくる
でしょう。そこで、「温故知新」としました。

最後の「実事求是」は、先入観にとらわれたり、噂や風説に惑わされず
事実を拠り所にして真理を求めていく姿勢を現わします。
私たち「ものづくりの現場で働く人間」にとって、最も基本的で最も大事
な姿勢なのではないか? と思い、この言葉を重く感じています。

以上の理由から、カテゴリの名づけを行ないました。
厳密には用法が少しズレているのですが、あまり気にせず使ってみようと
思っています。

下学上達 ~ 下記3つに当てはまりにくいが、自身の勉強として
       取上げた記事

有職故実 ~ 言葉や文化の意味・由来について

温故知新 ~ 歴史上の人物を中心に取り扱う場合

実事求是 ~ ものづくりや自然科学系の話題を取り扱う場合

とまあ、こんな感じです。
上手くカテゴリ分けどおりに記事が書けるかどうか?
はなはだ疑問ですが、今回は、言葉の意味を多く紹介しているという
理由から、「有職故実」で登録しようと思います。

こういう四字熟語があるよ、とか、こういうカテゴリ分けの方が
合理的だよというアイデアのある方、よろしければご意見・ご感想等
お待ちしております。
頂いたアイデアを上手く消化しきれるかどうかは分かりませんが、
多くの方の知恵を拝借することで、より良い記事更新につなげていき
たいと思っております。

****************************************************************
ブログランキングに参加中です。
応援してくださる方は、下記のバナーをクリックお願いします。
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
****************************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントの更新情報

トラックバックURL : http://matsui-factory.jp/lofty/2011/01/05/359/trackback/