アルミ金型・半導体素子用

半導体素子を成形するためのアルミ金型となります。
φ1.5ぐらいからφ2.5ぐらいまで、色々な径があり、一度に数千個成形するため、数千か所の穴加工が施されたアルミ金型を必要とします。
通常、2ヘッドや4ヘッドといった複数軸ヘッドを用いて同時に2か所とか4か所の加工を行ないますが、穴ピッチ寸法の変化に弱く、直径を変更して穴ピッチを変えるたびに複数軸ヘッドを準備しなければなりません。
弊社では、特殊ドリルと高速穴加工技術を駆使し、1軸加工でありながら、2ヘッドと同レベルでの価格帯で加工を行ないました。
穴ピッチ変化に強く、柔軟な対応力をもって加工が可能となっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました